メイン | October 2002 »

July 14, 2002

初ハング

まさか、もう飛ぶとは思ってもみなかった。
さっそくハングで飛んじゃいました。
ロンミンって地名なんだけど
エリアは高さが200mあるかないかぐらいの
かなり低いところ そしてランディングはちと遠い。
シングルじゃ届かんのちゃうかな?ってかんじ

ピーターは今イギリスのハングメーカー
Avian(あびあん)のRioってやつ乗ってるんやけど
雰囲気はウィルスのスポーツかな
VGがないところがウルトラスポーツと違うところ
中級機。


で、テイクオフ もう砂丘のTOPみたいな
テイクオフなので超楽チン。 霊石もこんなんだと
いいのに とりあえずへら〜っと
リッジをとって たれたのでランディング
想像してたとおり ランディングは結構遠かった
ランディングはやっぱ中級機 めちゃ楽だった

ただ、自分が飛んだからピーターが
ぶっとんじゃったのが申し訳ないなぁ。

今日1日でかなり日焼けした
顔がいたい・・・ひりひり

投稿者 Yas : 03:00 AM | コメント (0) | トラックバック

July 13, 2002

Peterとセンターへ

12時にCarFaxって塔の横で待ち合わせ
何回か電話したけど遅刻するらしい
しばらく一人でブラブラ。

やっぱB'hamと比べると小さい小さい
その割には観光客かな 人は多い多い
大体基本的な店はそろってて
GAP NEXT WHsmith HMV Virgin マクドにバーガーキング
自分が行きそうなのはそろってる。
あとはスタバもあった
今じゃどこでもあるらしい<スタバ
日本より数多そう とりあえずアイスラテ買って
飲みながらぶらぶら再開。


2時ぐらいかな、ようやくPeter到着
時が変われば女も変わる? NEW彼女だった
まぁ事前に電話して知ってたけどね

PUBでお喋り 携帯を持つにはやっぱちゃんとした
銀行をあけないとダメみたい 日本で言う
プリペイド式のやつはこっちにもあるけど
通話料が高いんでパス。
しばらく携帯はお預けかな?

その後 明日飛べると聞いてそのまま
Birminghamに行った。

写真は今住んでる大学の寮のキッチン
5人で共同キッチン、トイレ、バス

投稿者 Yas : 02:59 AM | コメント (0) | トラックバック

July 12, 2002

Oxfordへ

朝の6時ぐらいに目が覚める。
そらそうか11時ぐらいに寝たからね 昨日

軽い食事をとった後、Oxford行きのコーチが出てる
ヴィクトリア駅に向かうことにYingがタクシーを
呼んでくれたので それを待ってる間
TVでも見ることにERだよ! ERやってるよおお!!

金曜の12時は要チェック、自分のみた限りでは
日本と同じ7の模様 マークが脳の検査を受けてた
ちなみにER靴慮緘召鉢犬両絏爾脇本から持ってきてる。


で、タクシー なんかおっちゃんが安くOxfordまで
行ってくれるみたい たしかに駅までも結構掛かるし
Oxfordついてからもタクシー使うから
結局そのまま行くことに おっちゃんも
大口の客だから結構親切だった。
(途中Oxford入ったはいいが迷いまくったのは秘密)

無事、寮に到着したがまだ誰も来てないみたい
とりあえず荷物を置いて近くに店がないか散策
小さい商店とFish&chipsの店があった
テレカを買ってB'hamのピーターに連絡
さっそく明日会うことに

その後は爆睡、ちと疲れた

投稿者 Yas : 02:57 AM | コメント (0) | トラックバック

July 11, 2002

ロンドンにて

こっちではまた11日、時差は確か8時間のハズ
今はね。10月ぐらいに9時間に変わる ハズ。

Ying達と合流した後は 荷物をYing邸に置いて
3人でディナー(中華) 色々話した。


Liくんは前に比べてかなりスマートになったみたい
顔のサイズが違うのでびっくり けど相変わらず
クールなのは変わってないみたい
今はエンジニアの大学1年生 夏休みらしい。

Yingもあいかわらずかな、IELTSのスコアは
まだとれてない模様 全然人の事言えないけどね・・・

で、なんでB'hamからロンドンに移ったのかは今でも謎
とりあえずは今は生活をエンジョイしてるからOKらしい
今はスターバックスのパートナー
MScはどうなったんだ???

てなかんじで Yingのおごりで食べまくり。
最後の方は時差ボケでかなり眠かった・・・
行った中華レストランは結構大きいチェーンらしく
かなり混んでた 味は んー 悪くない 値段は高め

投稿者 Yas : 02:55 AM | コメント (0) | トラックバック

飛行機にて

さてはて、無事飛行機に乗れたわけやけど
今回の席はおもっきり日本人観光客の中
だからアムステルダムに着くまでほとんど日本人以外は
見なかった。おっちゃんおばちゃんばっかり

偶然、横の座った人が娘を昔、[浜学園]に入れていた
ってとこから話がすごい盛り上がってしまった。
まさか飛行機の中で浜学園についてアツく語るなんて
思いもしなかった・・・

今は希学園の方が浜よりも強いそうな
(ふぅ〜んって感じ)ネタが分からない人はごめんね


関空出発より10時間後、無事アムスに到着
アムスに来るのは初めてなので色々散策
けどお金が違うので買い物は何もしなかった

ロンドンまでのフライトは楽チン 1時間ちょい

で、またハプニング発生 今度は入国審査

3ヶ月しか学生ビザが下りなかった トホホ・・・
これで10月にロンドンに行かないと
けど ロンドンにあるところは朝の8時から行列に並ばないとダメらしく最悪1日掛けて待っても終業時間で
ダメになったりするらしい・・・

こりゃパリでもいいから1回国外にでて再入国した方が
楽かも・・・

ユーロスター使うか!?

で、30分ぐらいの押し問答の末
結局負けちゃったわけだけど、泣く泣く3ヶ月のビザを
手に出口ゲートへ行くと1年ぶりの YingとLiがいた

投稿者 Yas : 02:52 AM | コメント (0) | トラックバック

関空にて

さて、UKへ出発。

今回は前回みたいに2回も
乗り継ぎしないように心がけた!
もうタイで一泊なんてゴメン

といっても今回はKLMだから1回アムステルダムで
するけどね。それでも関空⇒ロンドンのマイレージと
アムスでの1時間のWaitingを考えると
マイレージの方が得でしょう。
ん〜おもっきり企業の思惑に引っかかってるな・・・



で、とりあえず順調に関空に到着
が、しかし順調なのはここまでで
またトラブル発生。

前Birminghamに行くときは乗った飛行機が
エンジントラブルで急遽違う飛行機に
乗り移らされたけど
今回は飛行機にも乗れない状況!そう、荷物が重すぎたのだ!!!!
(計37kg 重い?)

引換券をもらったあとKLMのカウンター行って
荷物を渡すと 受付のお姉さんの顔がこわばった。

ここのカウンターでは全部の荷物の重さの合計が
乗客にも分かるようになってて
(たぶん他もそうだと思う)
今回は自分でも”37かぁ・・やばいかも”って
思ってたら案の定 お姉さんチケットをちらつかせて
”一人で20kgまでってチケットに書いてるので…”云々言い出した

解決策としては
…媛知繕發鯤Г
荷物を郵便で自宅に送り返す
の2つなそうな

ちなみに追加料金で積んだらいくら?って聞いたら
なんと 12万円!? ボッタクリやろそら!?

そのお姉さん、これまたかなりよい対応をしてくれるので
さすがにちとカチン、郵便局行くといって一時撤退、
策を考える事に・・・

15分後、リトライ

前と同じお姉さんがいたが無視して
その横にいく ちょっと内心ドキドキしながら
計量、なんで留学するのに計量でドキドキしてるのが
自分でも不思議だった。

結果は30.2 20kgに比べるとまだはるかに重い
けど、今回の受付の人はなんとか通してくれた
途中かなりまた困惑した顔してたのは内緒


どうやって7kg減らしたかって?
答えは簡単、カウンターがならんでるフロアに奥にある
ベンチの下に重そうな荷物を隠して
計量が終ったあと回収、それらは手荷物で持ち込み
手荷物も5キロまでって決まってるけど
まぁその辺は適当に・・・

結局、12万の追加料金も荷物の送り返しもせずに
済んだのでした。

ちゃんちゃん

投稿者 Yas : 02:49 AM | コメント (0) | トラックバック

July 10, 2002

出発前夜

誕生日、おかげさまで24になりました。

今日は店のメニュー作りで大忙し。
午前中からまだ写真撮影が終ってない料理を撮る。
(これまた結構多かった)


その後、事前に買っておいたレイアウトのソフトで
デザイン結局完成したのは9時すぎ。
もちろん荷物なんてぜんぜん用意してない
ただトランクを倉庫からひっぱりだしただけ

出発前夜に用意するのはいつものことだし
忘れ物とかも無くやってきたので
今回も大丈夫と思ったけどさすがに日付が
変わってから準備しだしたのは初めて。
チト焦った・・・

結局6時すぎに終了(朝のね)
もちろんゼロ睡眠。
まぁその分飛行機で寝れるからいいか〜

投稿者 Yas : 02:50 AM | コメント (0) | トラックバック